元カレで学んだ事がある。どんなに良い人と分かっていても、恋愛対象にならない人は絶対ならない、ということ。

どんなに尽くしても、恋愛にはならない、ということ。

趣味を通じて知り合った8個上の元カレは、当時34歳。

清潔感があり、筋肉質な身体をしていて、自称ミニマリスト。

出会ってすぐに交際を申し込まれて、特に気になる人もいなかった私は「だめだったら別れればいいか」くらいの気持ちで承諾した。

共通の趣味があることで、デートには事欠かないし、家が近所だったこともあり最初の頃は週の大半会っていた。

私も久しぶりのお付き合いということもあり、最初はたくさん会ってくれる優しい彼氏に喜んでいたのを今でも覚えている。

今思い返してみても、私を最優先に考えて、気を遣ってくれていたと思う。

しかし、どんなに尽くしてくれても、一度もときめかなかった事実は変えられない。

私はどちらかと言えば感情的な人間であるが、彼氏に対して一度も男を感じなかった。ケンカも一切なし。

見た目は人によっては爽やかなイケメンと呼ばれる部類だし、酒も煙草もやらない。

身体の相性も悪いわけでもなかったのに、結局彼が仕事の関係で遠距離になってしまうことがきっかけに別れた。

正直、転勤を打ち明けられた時にひどく安心したのを覚えている。

本当はときめかないと確信した3か月目あたりで別れを切り出せばよかったのに、悪いところが見当たらず惰性で半年も付き合っていた。

私も20代半ばになり打算的になっていたのだと思う。

すごい幸せになれるわけじゃないけど、平凡ではいられる。そんな思いがあった。

彼氏も薄々感じていたのかもしれない。

この感情を知ってしまった今、私は時々怖くなる。

どんなに好きでも、相手からときめいてすらもらえないことがあると経験上知ってしまったからだ。

付き合ってみなければ、見えてこない部分も多い。

けれど、ときめかないのであれば、余計に傷つけてしまう前に別れを告げることも優しさだと、私は今、感じている。婚活サイトで良いサイトは?